どうしたら賢くなりますか。

幼児教室・学習塾 羅針塾です。
長崎市五島町という便利な場所に
あるせいか入塾したいなあ。
電話してみようかなあ。という
お母様達は、
下見をされている方が多い様です。

幼児さんのお母様は
沢山の幼児教室に
足を運ばれたそうですが
羅針塾は、
面談が納得いくまで
話してもらえたこと。
場所が便利であったこと。
教室の雰囲気が良かったこと。で
通塾を決めてくださいました。

「どうしたら賢くなりますか。
本当に勉強嫌いで毎日親子でバトルです。」と
お母様からご相談がありました。

プレジレントオンラインに
掲載されていた記事を参考に
羅針塾の考えをアップしますね

プレジレントオンライン(2021/6/20 掲載)
記事引用しております。
https://president.jp/articles/-/47074

「頭のいい子の親が貫く地味習慣4つ」

1 良い習慣(含む、学習)の確立
2 ルールありきの中での自主性を育む
3 愛情を持って褒めて伸ばす
4 知的好奇心を刺激する

羅針塾の方針は塾内でその日の学びを完結する(塾の宿題はありません)。
御家庭で勉強をする、しないで
親子のバトルをしてほしくない、と
考えているからです。

自宅では美味しいご飯を食べ、
お風呂に入り
決まった時間に就寝する。を
毎日してくださいね。と
お話ししています。

良い本を読んだり、音楽を聞いたり
ゴロゴロしたりしてゆっくりと
身体を休めて明日に備えてもらいたい。
元気で登校してほしい。と考えています。

そのためにも
ゲームやパソコン、スマートフォンの
時間管理をお願いします。と
御家庭にお願いしています。

賢い子は誘惑に打ち勝つ力があります。
その為に、
お母様がゲームなどを与える時期と
時間管理が必要だと考えています。
約束を守る。節度を持つ。が大切です。

もっと割り切って、テレビも無い、
ゲームも無い、というご家庭もあります。

不思議なもので、
賢い子は無いなら無いで上手に時間を活用します。

 

羅針塾の塾生は
「何のために学ぶか」を、少しづつ自分自身で考えていきます。

毎回、
塾内で二時間机に座り、自ら学びます。
小学1年生でも中学生でも同じです。

・・・「ウチの子には無理です。」

と最初の面談時にお母様が話されます。

しかし、「今やる」「何のために」
「誰のために」「未来のために」
少しづつの意識付けが、
子供達の動機付けとなり
自主的に学ぶ様になっていきます。

羅針塾は
出来ないからダメだ。とは言いません。
諦めずに前向きに取り組むことが大切。
と伝えます。

前向きに素直に取り組み、
自信をつける。

できるかも。
できるようになった。できた!と

感じさせることが
大切だと考えています。

我が子は
「レゴが好きです。」
「工作が好きです。」と
面談時に話してくださいますが、一方で
「片付けが下手で。」
「すぐに次のものを欲しがります。」
と聞きます。

良く良く聞いてみると、
おもちゃが沢山あり片付けられない。と。
おもちゃより大切な五感で遊ぶ。
先日のブログにもヒントを書きました。
「賢い子への道標」
http://rashinjyuku.com/post-3236/

沢山のおもちゃより、
五感を使い学ぶことが
知的好奇心を刺激すると考えています。

「ハキハキ!元気!賢い子」

賢い子の御家庭は
一週間のスケジュールが
無理なく組まれています。
家でゆっくり過ごす日がある。
ご両親とゆっくり話す時間がある。
心のゆとりと身体のゆとりが、賢さへの早道となります。

心も身体もリセットされた状態が
集中力や理解力を生み出します。

学ぶことは沢山のパワーを使います。
賢くなるために、上手く子供達の
パワーを学びに発揮してほしいと考えています。

posted by at 17:54  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP