問題を解く要領はどのように掴むのか

長崎市五島町にある学習塾・幼児教室
羅針塾学習塾です。
問題を要領よくこなしていく。
なかなかできない子供達には
特にお母様達は聞きたい話ですよね。

賢いからできるのか?
確かにそれもありますが
見極める力って大事なのです。
「分かる」「分からない」
「知っている」「知らない」
「覚えている」「覚えていない」

簡単に言えば単純作業能力。
どれだけ磨けるか?というところが
問題を要領よく解くというところにも繋がっていきます。
わからな〜いではなく
今は出来ない。と
割り切っていけるか?

何が分からないのか。できないのかが
分かれば教えていくのもスムーズです。
素直に解け、覚えることができれば
力がついていきます。

一つ一つの考え方と
問題を解く量と
見る方向と。

夏期講習という大事な時期に入っていきます。
基礎固めをどれだけ早くでき
じっくりと読む深めていく問題に迎えるか。
幼児さん。小学生。
暑い夏がそろそろ始まります。

「ハキハキ!元気!賢い子」
一人一人に無限の可能性がある。
未来を切り拓く人に育てていきたいと
考えています。

今日は蝶々とトンボです。毎日進化している年長さんです。

posted by at 21:39  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP