賢い子の典型 「栴檀は双葉より芳し」

ご縁の有る三歳になったばかりの幼児さん。
長崎市五島町の羅針塾 学習塾・幼児教室に来ることを毎回楽しみにして通塾してくれます。

<踵の上がり方に好奇心あり!>

知的好奇心旺盛な様子は後ろ姿(下記写真)に表れています。
温厚で愛情溢れるご両親や御祖父母に囲まれすくすく成長中です。

まさに「栴檀」の香りのする子供さん達に囲まれると沢山の力を頂きます。

***************************

「栴檀は双葉より芳し」(せんだんはふたばよりかんばし)
栴檀(白壇)は、発芽し双葉の頃から早くも香気があるように、大成する人は幼いときから人並みはずれて優れたところがあることの例え。

It early pricks that will be a thorn.
(茨になる木は早くから刺す)
pric [prík] 動詞 〈…を〉(針の先などで)ちくりと刺す,突く,(突いて)穴をあける。
thorn [θˈɔɚn, θˈɔːn] 名詞 (草木の)棘、針、イバラ、苦痛の種、
諺も「所変われば品変わる」ではないですが、英語の表現では妙に厳しい感じがします。

・・・・・ある方とお話をしていて、優秀な息子さんの幼児期から小学校の頃の様子を伺いました。

********************************************
曰く、
幼い頃から文字に興味を持つ。
本は買って読むもの。
すぐ手に入らないときの、毎週の図書館の本の借り出し量が大人並。
旅行や行事に臨む際には、目的を明確にさせること、事前の下調べをすることを指導。
********************************************

結果、最高峰の大学へ。

子育ての様々な薀蓄をお持ちの方ですから、ほんの一部だけですが、子育てや教育のヒントがあります。

「文字」への興味は、知りたい、分かりたいという知的興味へ繋がります。
ひとつ知ると次から次へと知りたくなるのが自然の流れです。
更に、知ることによって、比較したり、疑問を持つようになり、考えることで自らの答えを出そうとします。

身の回りに「文字」が溢れていると、親子の会話の中に「知的レッスン」が始まります。
羅針塾 学習塾・幼児教室では、文字の組み合わせで様々な言葉を紡ぎ出すことを学んで欲しいと考えています。

posted by at 12:00  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP