しっかりと理解し、考える子供達へ。
長崎大学教育学部附属幼稚園
長崎大学教育学部附属小学校
各私立小学校
2020年度の
受験に向けて動き出している羅針塾
毎年同じように準備は丁寧に。怠らずです。

平成31年度の受験は
「大きくなったらこんな大人になりたい!」
「こんな子供になってほしい!」という家族一丸の思いを
叶えるため。一段階ステップを上がるための受験。
塾生さん達がよく頑張り、思いが通じ
春からは笑顔満開です。

子供達の凛々しく成長する姿を
今年度も御家族、先生達で協力しあい
「ハキハキ!元気!賢い子」を育てて
参りたいと考えております。

「受験」を・・・・と考えたり
どうしようかな・・と思ったら遠慮なさらずに
お問い合わせくださいませ。
年度の途中でも構いません。
皆さんの御縁を楽しみに致しております。

「長崎大学教育学部附属幼稚園」
「長崎大学教育学部附属小学校」
私立小学校、お受験をお考えの方
ご両親向けの面接指導・願書指導などの
対策も行います。
(受験の場合は、
成長・発達の度合いに応じて、
又、入塾時期により通塾回数が異なります。)

※体験入塾、見学は行いません。きめ細やかな面談を行います。

<合格実績>
長崎大学教育学部附属幼稚園
長崎大学教育学部附属小学校

私立南山小学校
私立精道三川台小学校
私立精道小学校
私立聖マリア小学校

<問い合わせは 羅針塾学習塾へお願い致します>
長崎市五島町5-34-1A(長崎市五島町トーカンマンション1F)
095-821-0869(10時~19時)
ホームページ問合せフォームからメールでの問合せも可能です。
http://rashinjyuku.com/contact/

posted by at 11:00  |  生徒募集

就学前の幼児さんが小学校に進学する際、受験を経るか否かで、小学校就学後の成長の度合いに違いがあります。

一般に、幼児さんが小学校受験をする際に、小学校に上がる前から受験準備の学びをすることに反対気味なのがお父さん。お母さんは、男親に無い独自のお母さん人脈の情報から、「鉄は熱いうちに打て」という原則通り、我が子の成長の為の受験にも学びが必要であると考え準備をします。

私共は、塾生をお預かりし国語教育を基本に据えて、「読むこと、聞くこと、話すこと、書くこと」を徹底することが、学力の向上に必須である信じています。幼児さんが就学後、様々な科目に取り組む際に、内容を理解するには、1に国語力、2に国語力、3に国語力、と言える程、国語力は学ぶ為の基盤です。

その国語力をつけるには、受験は良い切っ掛けになると考えています。

就学希望の幼児さんに受験を課す小学校は、建学の精神、教育の目的、理念などにより、一定水準の試験を設けます。小学校側が求める水準と親御さんの教育に対する熱意や考え方が学校側と基本的に一致しているか否かで、合否が決まります。幼児さんに求めるものは、学ぼうとする素直さや一所懸命さなどです。

幼児さんからすると、受験をすることは大きな試練です。

つまり、家庭内で読んだり書いたり、描いたりすることは日常です。ところが、受験の場で赤の他人である試験官から指示されて行動したり、質問に応えたり、限られた時間内に問題に取り組むことなど、非日常を初めて経験するからです。

小学校受験は、身近な人では無い他人と初めて接することから、例えて言いますと、成長する為の「通過儀礼」的なものです。

この様に考えると、幼児さんが小学校受験を経て、しっかり国語力をつけていくと、一年後には見違えるほど、お兄さん、お姉さんになってきます。

年末年始特訓で毎日通塾生がいる羅針塾。
お正月らしく・・・とは思うけれど
なんだかそわそわしています。

先生の気持ちもまだまだソワソワです。
一つ一つを丁寧に仕上げる。
まだまだと考えています。
長崎大学教育学部附属小学校受験当日まで
無駄なく、完璧に仕上げていきます。

今年度の「羅針塾」
転換期に来ています。
保護者の方々が一番理解してくださり
一番心配してくださっています。
最善の方向へ向かう様に。と
願うばかりです。

先生達はパワーを削がない様に
日々、鍛える(笑)
体力・精神力です。

「ハキハキ!元気!賢い子」

今までもそうだった様に・・・
羅針塾に御縁してくださる
保護者の方々が良い方向へと
導いてくださります。
奢ることなく、いつも感謝を胸に!
「今」この子のために何ができるのか!
この想いと熱いpowerを
塾生に伝えることができたらと
考えています。

本年度も宜しくお願い致します。
感謝と感謝を込めて・・!!
最後の平成を大事に過ごしていきます。

今年も!トップ!狙います。

平成三十一年 新年を迎えて。
羅針塾

小学校受験するメリットってなんだろう・・・考えます。
どんなに幼い子でも目標も定めて取り組む。
学ぶのに一番良い時だと考えます。
幼児期に学ぶ意欲を身につけるとどんどん賢くなっていきます。
これが最大のメリットだと考えています。

幼児期にどれだけの知識を与えるか?
これは、親の心掛け一つだと考えています。
英語教育、大学入試改革、学校指導要項の変更
これから学びだす子供たちは
親が学んだことと全く異なることを取り組んでいきます。
親が学んだ同じ物差しだけでは図ることができない。と言うことです。
ゆとり教育時の、のんびりした学びとは異なり
何を観て聴き考え取り組むか?
そのためにも基本基礎は大事であります。
国語力がないと英語はただ聴けるだけ、話せるだけとなります。
聞いて理解し、考え話し書く。
受け身の学びではなく、自分自身で意欲的に学ぶ。
幼児期からの取り組みは
その後の未来を変化させるものと考えます。

「ハキハキ!元気!賢い子」
幼稚園受験、小学校受験を決めた時
御家庭での思いが一つになる時
新たなパワーが生まれてきます。
羅針塾で学ぶ幼児さん達の
未来を観る目はキラキラと輝き
日に日に賢くなっていきます。

 

羅針塾学習塾のブログを読んでいただきありがとうございます。
興味を持って。教えてもらいたい。と
お問い合わせを頂けることを感謝しております。
本当にありがとうございます。

「受験」についての問い合わせは
幼稚園受験から中学校受験まで様々な形であります。
その中でも「小学校受験」
学校区の環境 保護者の仕事や家庭の都合等々
保育園や幼稚園に預ければいい。という選択と
また異なってきます。

自分自身で登下校をし、下校後の環境までが
悩みの種です。
学校区の環境で学びのモチベーションも変わってきます。
小学校卒業後はどんな進路にするのか。
漠然とした悩み。
幼児さんのお母様達はいろんな形で不安があるなあ。と
いつも感じています。

その中の選択の一つに「小学校受験」
面談時に、ご家庭の環境を聴きながら
メリットとデメリットを明確にお話ししていきます。
何事にも「絶対!」は無いですから。
様々な引き出しの中から、その一つを選択
してもらえたらと思っています。

羅針塾学習塾の塾生さんたちは全てが
受験生ではなく、「賢く」なりたい子供達なのです。
一人一人の可能性を伸ばしてあげたいと考えています。

「ハキハキ!元気!賢い子」
受験のタイミングはそれぞれ。様々。
家族一丸となれる時が「受験の時」です。
どんな時でもしっかりと前向きに
丁寧に。正確に。
一人一人の良さを引き出しながら
向き合っていきたいと考えています。

 

さらに記事を表示する

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP