小学校英語の問題点

幼児教育・学習塾の羅針塾は、塾生の通学する小学校の英語教育と国語教育とのバランスをを注視しています。

国立・公立と私立の小学校では、英語に注ぐ力の濃淡が明確です。これは、英語専科の教員の配置や教材・カリキュラムに表れてきます。

筆者は、基本的に小学校の英語教育には反対です。何度も述べていることですが、母語である日本語教育(国語)をしっかり学び、語彙力を十分に身につける前に、外国語に時間を割くことは、百害あって一利無し(弊害をたくさん生むばかりで、良いことは一つもないこと)だからです。

先日、筆者の知人(三十半ば過ぎのビジネスマン)と英語教育に関して話す機会がありました。

曰く、

「母親の勧めで様々な習い事をさせられていました。その中で小学校で一番長く継続し、唯一感謝するのが書道です。

その他で何年も続けたのが、英会話。

確かに、楽しく英語に触れることはできました。今でも、英語の歌や繰り返し使っていた文の一部は、記憶に残り歌ったり、言うことは出来ます。

しかし、なんとなくふわふわした感じでしか英語が入っていないので、中学校から高校、大学入試と英語の成績は芳しくなく、むしろ苦手科目となりました。

結局、英語文法はしっかりと理解しないまま、大学入試も入試のテクニックとして選択肢問題などを解いていた感じです。英作文や、英語読解は今でも苦手です。」

・・・やはり。

二十五年ほど前の、毎週土曜日も授業が行こなわれていた公立小学校に通学し、教育熱心な家庭での習い事の例です。

その頃と比較しても、現在の教育事情は、休日の増加、授業時間の減少、英語科目の導入で、国語力と語彙力が充実できない状況です。

・・・12年ほど前のベネッセ教育総合研究所 第一回中学校英語に関する基本調査報告書(教員調査・生徒調査 2008年)によりますと、

◉英語学習を苦手だと感じるようになった時期(中学二年生アンケート)

中学校に入学する前 11.7%

中一の始め頃   16.2%

中一の夏休みごろ   10.4%  

中一の夏休み後くらい   12.8%

中一の後半   26.6%

中二の初め頃   12.9%

中二の夏休み頃   3.8%

中二の夏休み後くらい   3.1%

現在   2.5%

・・・be動詞と一般動詞の用い方、三人称単数現在形のs(es)、現在進行形、過去形までの時制を学び出すと多くの生徒がつまづきます(これは昔から)。小学校で英語を学んできた生徒も、この辺りから差がついてきます。更に、中学校の試験では単語や文を正確に書かなければ減点です。

◉英語学習でつまづきやすいポイント(中学二年生アンケート)

文法がむづかしい   78.6

英語のテストで思うように点数が取れない   72.7

英語の文を書くのが難しい   72.0

英語を聞き取るのが難しい   65.8

単語を覚えるのが難しい   62.9

英語を話すのが難しい   59.6

英語に限らず自分から進んで勉強する習慣がない   53.7

外国、異文化に興味が持てない   44.8

英語の文を音読するのが難しい   44.7

英語そのものが嫌い   43.9

英語に限らず、勉強する気持ちが沸かない   43.0

 

・・・つまづきやすいのは、「英語文法」と「英文を書くこと」。それが原因で、「英語のテストで点が取れないこと」です。

 ◉ その解決策は?

ズバリ!

小学校で英語を学ばざるを得ないなら、母語である国語文法と漢字や熟語などの語彙を増やしつつ、しっかり英語文法と英単語力(語彙)を身につけることです。

合わせて、英語の筆記体をマスターすることは必須です。

 

 

posted by at 14:48  | 国語力について, 塾長blog

小学校受験ここからの準備は大切

幼児教室・学習塾 羅針塾
秋からの準備はとても大切だと
考えています。
私立受験も迫っていますから
慌てる事がない様に
事前準備を怠らない様に
お母様方に伝えています。

元気であること
塾生さんの
気持ちを沈ませないこと
生活習慣を変化させないこと
などなど・・・
受験に臨む日の調子が
一番良い状態になる様に
日頃から気をつけましょうね。
とお話ししていきます。

羅針塾に御縁のある御家庭には
それぞれの生活環境に合わせて
このようにしたら
上手くいくと思いますよと
相談をしながらベストな状態を
保ち続けるようにしていきます。

私達も受験日から
逆算してどの様な学びを
取り組むべきか優先順位を
決めていきます。

その中で
苦手をどの様に克服していくのか
その為には何が必要なのか
得意でミスをしない様に
最後まで集中して取り組めるか
聴いたり、話をしたりと
コミュニケーション
が取れるように。
毎回の対話の中で
色々な場面を変化させて
問いかけていきます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

幼児期に正しく学んだことは
その後の小学校生活が劇的に
変化していきます。

「国語力」を中心とした
羅針塾の学びは受験の為の
学びではありません。

御縁のある学校で
自分自身で考えて学んでいく為
しっかりと理解しトップになる為の
学びです。

今日も塾生さんが
よく聴き、よく考え
しっかりと答えて学んでいます。

posted by at 17:49  | 学習塾 幼児教室blog

令和三年(2021)度 公立高校入試対策の前提

幼児教育・学習塾の羅針塾では、幼児さんや小学生の親御さん方に、将来の高校入試や大学入試に対する事前準備として、適宜現状の情報をお伝えしています。

公立高校の入試は、現在過渡期にあります。

つまり、令和三年(2021)一月から実施される大学入学共通テストが、新学習指導要領の根幹ともいえる「資質・能力の三つの柱(*)」を意識した出題になるからです。

(*)資質・能力の三つの柱とは?

文部科学省H.P 「新しい学習指導要領が目指す姿」よりhttps://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/attach/1364316.htm

学校教育法第30条第2項が定める学校教育において重視すべき三要素(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「主体的に学習に取り組む態度」)です。

資質・能力の要素

1)「何を知っているか、何ができるか(個別の知識・技能)」

 

各教科等に関する個別の知識や技能などであり、身体的技能や芸術表現のための技能等も含む。基礎的・基本的な知識・技能を着実に獲得しながら、既存の知識・技能と関連付けたり組み合わせたりしていくことにより、知識・技能の定着を図るとともに、社会の様々な場面で活用できる知識・技能として体系化しながら身に付けていくことが重要である。

 

2)「知っていること・できることをどう使うか(思考力・判断力・表現力等)」

 

 問題を発見し、その問題を定義し解決の方向性を決定し、解決方法を探して計画を立て、結果を予測しながら実行し、プロセスを振り返って次の問題発見・解決につなげていくこと(問題発見・解決)や、情報を他者と共有しながら、対話や議論を通じて互いの多様な考え方の共通点や相違点を理解し、相手の考えに共感したり多様な考えを統合したりして、協力しながら問題を解決していくこと(協働的問題解決)のために必要な思考力・判断力・表現力等である。
 特に、問題発見・解決のプロセスの中で、以下のような思考・判断・表現を行うことができることが重要である。

  • 問題発見・解決に必要な情報を収集・蓄積するとともに、既存の知識に加え、必要となる新たな知識・技能を獲得し、知識・技能を適切に組み合わせて、それらを活用しながら問題を解決していくために必要となる思考。
  • 必要な情報を選択し、解決の方向性や方法を比較・選択し、結論を決定していくために必要な判断や意思決定。
  • 伝える相手や状況に応じた表現。

 

3)「どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか(学びに向かう力、人間性等)」

上記の1)及び2)の資質・能力を、どのような方向性で働かせていくかを決定付ける重要な要素であり、以下のような情意や態度等に関わるものが含まれる。

  • 主体的に学習に取り組む態度も含めた学びに向かう力や、自己の感情や行動を統制する能力、自らの思考のプロセス等を客観的に捉える力など、いわゆる「メタ認知」に関するもの。
  • 多様性を尊重する態度と互いのよさを生かして協働する力、持続可能な社会づくりに向けた態度、リーダーシップやチームワーク、感性、優しさや思いやりなど、人間性等に関するもの。
    • こうした資質・能力については、学習指導要領等を踏まえつつ、各学校が編成する教育課程の中で、各学校の教育目標とともに、育成する資質・能力のより具体的な姿を明らかにしていくことが重要である。その際、子供一人一人の個性に応じた資質・能力をどのように高めていくかという視点も重要になる。

 

・・・文部科学省の目指す方向性は理解できますが、これを具体的に小中高の各学校で教育・指導するには、相当の技量及び人間性の高い教員を配置できるかにかかっています。大学などの教員養成機関の抜本的な改革無しには画餅に終わるのではないかと思うのは筆者だけでしょうか。

因みに、公立高校入試過去3年間の教科別公表平均点を低得点・高得点でランキングした資料があります(Educational Network Journal vol.53)

2020年度

高得点Top5

数学 1.埼玉県67.9  2.東京都61.1  3.香川県56.8  4.岡山県56.6  5.広島県56.4

英語 1.三重県64.0  2.奈良県62.2  3.新潟県59.5  4.山梨県59.2  5.青森県58.7

英語に関しては、低得点Top5 に、残念ながら長崎県がランクインしています。

1.鳥取県39.8  2.長崎県43.6  3.石川県45.3  4.島根県45.6  5.北海道47.7

posted by at 15:06  | 国語力について, 塾長blog

行動観察の取り組み

今日の幼児教室・学習塾 羅針塾では
年中さんの行動観察を行い成長度合いを
観ました。

武漢ウイルスの影響で幼児さんの
学びの進捗を気にしていましたが
御家庭で良く頑張ってくださり
順調に成長しています。

各学校、行動観察に工夫を凝らして
出題をしています。
その中でも、よく聞くこと。
聞いたことを理解すること。
仲間と協力すること。
とても大切だと考えています。

個別で観ている羅針塾ですが
行動観察は集団でも取り組みます。
その後のフォローを
一人一人丁寧に。です。

今年度の行動観察は
どの様な事が出題されるか
興味津々です。

「ハキハキ!元気!賢い子」

「羅針塾ではどの様な学びを
するのですか。」
入塾前の面談時によく聞かれます。

もちろん、受験準備と言われることは
全て取り組みますが
しっかりと聞き、理解すること。が大切。
その為に「国語力」を磨く学びを
取り入れています。

果てしなく長い道のりで
一歩一歩ですが飽きずにめげずに
取り組むことで入学後の学力が
異なってきます。
これは、羅針塾にしか出来ないことです。

行動観察も同様です。
「国語力」を磨き受験に臨む子は
自律し自信を持っています。

「受験をしたことで成長したね。」
「立派な一年生になったね。」と
言ってもらえる様に
一つ一つのことを丁寧に
取り組んでいきたいと考えています。

満開の白木峰です。

posted by at 19:05  | 学習塾 幼児教室blog

努力の成果

幼児教室・学習塾 羅針塾に
作文の頑張った成果を
持ってきた塾生さん。

「先生!賞状もらいました。」

r21021

夏期講習中に書いた
読書感想文の賞状でした。

「けれど、努力賞だったんです。」

多分、もらえるなら
もっと良い賞が欲しい。
誰しも考えること。
羅針塾での文章修行、作文を書く時
手を貸し過ぎません。
読んでどう思ったか。
何を考えたか。
等身大の言葉が出るまで待ちます。
そこから、文章の作り方
書き方を学んでいきます。

今回、塾生さんは小学校一年生で
五、六年生程度の本を読み
初めての作文
読書感想文にチャレンジしました。

入学して三〜四ヶ月の塾生さんが
何日も努力して書き上げた作文。
これが本当の努力賞だと思っています。

「ハキハキ!元気!賢い子」

作文なんてすぐに書けるさ。
本当にそうでしょうか。
〜が面白かった。
〜がよかった。では
作文でもないし読書感想文でも
ありません。

何に心を打たれ
何を考え、どの様に文章にするのか。
個々の成長に合わせての文章を紡ぎます。

文章を書けるってすごい!
これは語彙力があるからこそ。
羅針塾には国語力に磨きをかける
塾生さんがたくさんいます。

posted by at 18:11  | 学習塾 幼児教室blog
さらに記事を表示する

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP