教科書を読めない!!

幼児教育・学習塾の羅針塾では、

現在「語彙力」を集中的に増やす時期に入っています。

年2回、只管(ひたすら)国語辞典、漢和辞典を活用します。

何故?

年齢や学年を問わず、記憶力の充実する五歳から十二歳までの、人生における旬の時期を逃さないためです。

何故なら、

この時期に記憶したことが、その後の「学習能力」を飛躍させるからです。

さて、「情報を正しく読めない子は将来、稼げません」という衝撃的な表題の雑誌を目にしました。プレジデント・ファミリー2021冬号(プレジデント社発行)からの引用とご紹介です。

「九割の子は教科書が読めない!?」・・・

「多くの子が教科書を読めていない」ーーー

新井紀子さんの著書「AI vs.教科書が読めない子どもたち」(筆者注*)は日本の教育界や世の親に衝撃を与えた。

文章やイメージを正確に読み取る「読解力」を身につければ、算数や国語をはじめ、すべての教科の成績がワンランクアップし、将来、AI時代なっても活躍できるはずだ。

(筆者注*)当ブログの紹介記事ー「読解力を削ぐもの 2」http://rashinjyuku.com/post-2202/

・・・・・衝撃的な文言が並んでいます。

確かに、いつの頃からなのか不明ですが、

小学校の教室で一斉に教科書を音読する声がしなくなってから、顕著に教科書を読めていない小学生が増えています。

小学生の時期に教科書が読めなければ、当然、中学生・高校生と教科書をしっかり読み解く力がない状況になります。つまり、「読解力」がなければ、どの教科もしっかり学べない。ひいては、社会人になったときに、仕事ができない、使えない人材と烙印を押されかねません。

教科書を読解できない状況に子どもさんを陥らせるのは、結果、親の責任と言っても過言ではありません。

新学年に向かって

長崎市にある幼児教室・学習塾 羅針塾
先日、
新学年から使用する教材を考えるために
長崎市であった展示会に行ってきました。
本当っ!
厳重と言えるくらいの最大限の予防
感謝しかありませんでした。

本物の教材を手に取って観れること。
各担当の方に直接お話を聞けたこと。
毎回、足を運んで
勉強させられることばかりです。

塾生さん一人一人の顔を思い浮かべながら
これは?こちらは?
と検討していきました。

「ハキハキ!元気!賢い子」

新学年に向かい
どのように力を伸ばすのか。
何が不足して補わないといけないのか。
学年ごとに、一人一人ごとに考えます。
沢山の良い教材がありますが
指導者の使い方、取り組ませ方だと
考えています。
新学年、ギリギリまで考え
最終的に決めていきたいと
思います。

賢い子を育てるために
一人一人のために
使うべき教材は大事だと考えます。

posted by at 22:46  | 学習塾・幼児教育

自分自身の目標に向かって

長崎市にある幼児教室・学習塾 羅針塾
日曜日である今日も
塾生さん達が頑張っています。
ある塾生さんが

「先生。
家ではどうしても遊んでしまうから
塾に来て勉強したいです。」
とのリクエスト。

お母様にお伺いしたら
「どうしても家では
ゲームやテレビに負けて
しまいますね。どうですか?」

この一言で、
塾生さんの目標を達成するために
日曜日に通塾どうぞ。と案内しました。
通常とは異なる賑やかな日曜日。

羅針塾の
通常は、平日・土曜日に頑張って
日曜日はしっかり遊びなさい!の方針。
受験期は別になりますが。
しかし、学びたい。の意欲ある子の為には
先生達も張り切ります。

通塾した塾生さん達
黙々と頑張り、レベルを上げていきます。
途中で面白い休憩もしましたね。
日中頑張ったら、家に帰ってゆっくり
していいと考えます。
オンとオフの切り替えは大事です。

「ハキハキ!元気!賢い子」

日頃から
塾生さんの生活スタイルに
合わせて一人一人を観ていくのが
羅針塾の方針。

早い時間だったり
遅い時間だったり
各御家庭に無理のないようにと
考えています。

学ぶ時は「今」しかないと
考えています。
子供達がやりたい!と
熱意がある時。

お母様が「今」だと
考えている時。

賢くなる為には
みんなの工夫が必要です。
私達はそのお手伝いが少しでもできればと
考えています。

 

posted by at 15:53  | 学習塾・幼児教育

就学前の学び〜何を取り組むのか〜

長崎市幼児教室・学習塾 羅針塾では
小学校受験が終わると
早速、小学校準備に入っていきます。
「国語力」へのさらなる磨きです。

羅針塾の幼児期の学びは
「国語力」を基本基礎として
受験等の取り組みをおこないます。
様々なことに
一つづつ段階を経て学んでいきます。

小学校受験が終わる頃には
誰もがハキハキ!と話をしてくれる
様になり、大人の様な意見も。
日々、
しっかりと聞き
しっかりと読み
しっかりと観て
しっかりと考える
しっかりと伝える。に取り組んだ
成果だと考えます。

就学前の学びは
今まで、物や書くことで
考えていたことを
どうやったら、その答えに
導く事ができるのか。という
ことに繋げていきます。
この学びで小学校一年生の
大まか輪郭の学びは終了していきます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

小学校に登校するということ。
初めての環境
初めての人間関係
初めての通学
独り立ちして何事も
自分自身の力で取り組まないと
いけません。
その上、机に座り
新しい学びが主となります。

羅針塾の私達は
初めての不安が和らげば。
自信持って登校できる様にと
願っています。
入学前までに得意を沢山作っておく
とても大事なことだと考えます。

小学校に上がるまでの数ヶ月
「国語力」による学びは
トップになるための基本基礎です。

 

posted by at 15:17  | 学習塾・幼児教育

躾は誰がする?

長崎市 幼児教室・学習塾 羅針塾
お母様達の相談で「躾」を
どのようにすればいいか。

現在、言い聞かせる。
褒めて育てるが一般的。
本当にできる。と
私達は聞いてみます。

「それが、無理なんですよね。」
「怒らないように、私が考えます。」

無理は理解できます。
しかし、考える・・・
よくよく話を聞いてみると
お母様が先回りして何でも
やってしまっている。
んん〜どうしたものか。

そんな時にネットに
こんな記事がありました。
一部抜粋です。

『とにかくしつけが厳しかった。
食事のときに肘をつくとか、
お箸の持ち方、
茶碗(ちゃわん)の持ち方ですね。
お箸で皿を動かしたらすごく怒られた。
お箸を持つときの肘の角度のことで
バーンとたたかれて「ハアーッ?」と
思ったことがあったんです。
ちょっと上げすぎると
「肘、広げすぎなんだよ」と怒られ、
狭めたら「狭めすぎ、45度だよ」って。
そういうとき、
ずっと茶碗を持たされていた。
口ごたえすると頬をたたかれた。
それくらい厳しかった。
でも、何回も何回も言われているうちに
少しずつ直っていくんですね。
今、社会に出てみて分かるんです。
厳しかった母親は
大切なことを教えてくれたと。
いくらお金を出してもしつけは買えない。
どんなにお金持ちになっても買えない。
プライスレスです。
お金では買えないものを
身につけさせてくれたんです。

母親は何もない、何も知らない自分に
善しあしの判断がつくことを
教えてくれた。
それも最高のものを厳しく。
これは最高の贈り物ですよ。
人は最高を知っていると、
落とすことができる。
人は最高のものを知らないと、
どうやってというのが分からない。
たとえば友達と、
あるいはそうでない人といるときには
「違い」がある。
言葉遣いや立ち居振る舞い、
服装などTPOというか。
これは最高のものを知っていないと
対応できないんです。
そこは本当に感謝しています。』
※<話の肖像画>
歌手・郷ひろみ(65)
産経ネットより引用しております。


「ハキハキ!元気!賢い子」

躾はプライスレス。
躾は最高のものを厳しく。

なるほど!
私達が伝えたいことを
書いてくださった!と感謝。

お母様達に話します。
「私達に叱られているお子様を
見たいですか。」

みなさん、いいえ。と
お答えします。

では、お母様が一番厳しく
なって下さい。
どんなに厳しくても
お母様の愛情は伝わり
子供はお母様が一番大好きです。

お母様、皆さん涙したり
納得したり。と
各御家庭の
子育てストーリーがあります。

躾は誰のため。
子供達を恥ずかしくないように
一人前に育て
立派な社会人にするために。

お母様の気合ひとつで
子供は変化していく。
どのような子供になって
もらいたいかで変化する。
躾次第で子供が変化していく。
だと考えます。

お母様の躾が行き届いている
子供達はやはり賢い。
「今」できていなくても
一つづつ丁寧に積み重ねれば
良いと考えます。

春から中学生!
沢山の本を寄贈して頂きました。
塾生の皆さんに
読んでもらおうと考えています。
本当にありがとうございました。
感謝申し上げます。

posted by at 22:14  | 学習塾・幼児教育
さらに記事を表示する

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP