文部科学省が4月18日に実施し、約212万の小中学生が参加した全国学力テストが行われました。全国的な学力テストは、かって、学校の序列化につながるといって日教組などが反対していましたが、最近はそれも沈静化しているようです。学力の調査は、国の将来を担う子供さん達の力を評価する一つの物差しとして客観的に見るべきものです。要は、データをより良い方向に活用できるか、ということに尽きます。

さて、その学力テストについて簡単にまとめた新聞記事が目につきました。産経新聞(2019.4.18)からの引用です。https://special.sankei.com/f/life/article/20190418/0001.html?_ga=2.120790344.153116473.1555073393-1517775901.1521938718

初導入の英語で思考力・表現力試す 国語では新聞使った出題 全国学力テスト

文部科学省が18日に実施し、約212万の小中学生が参加した全国学力テスト。初めて行われた英語では、「読む・聞く・書く・話す」の4技能が問われたが、自分の意見を英語で表すような問題もあり、より深い思考力や表現力が試されたといえそうだ。

 「あなたの考えを理由とともに25語以上の英語で書きなさい」

 4技能のうち「書く」では、デザインが異なる2つのピクトグラム(案内用図記号)を示し、どちらがよいかを選ばせた上、その理由を英語で書かせる出題があった。問題を作成した国立教育政策研究所では、「与えられたテーマについて考えを整理し、まとまりのある文章を書けるかどうかをみるため」と、出題の趣旨を説明する。

 「話す」では、海外のテレビ局のインタビューを受けるという場面設定で、自分の将来の夢と、その実現のために頑張っていることを1分間で考えさせ、30秒で話すという出題も。暗記型の学習では解答するのが難しく、戸惑った生徒も多かったとみられる。

 同研究所では、「実際のコミュニケーションに活用できる思考力、表現力などを測ることを重視した」としている。

 新聞から必要な情報を読み取り、考える力を試す問題も出された。情報活用能力などを重視する新学習指導要領の趣旨を反映したといえそうだ。

新聞を使った問題が出されたのは中学3年の国語。架空の「全国中学生新聞」に掲載された記事や短歌を読ませ、読解力、思考力、表現力を試す内容になっている。読者の「声の広場」に投稿する際の、封筒の書き方を問う出題もあり、日頃から新聞を読んでいるかどうかでも、正答率に差が出そうだ。

 国立教育政策研究所の笹井弘之センター長は「急速に情報化が進展する社会の中では、さまざまな情報をより主体的に活用する力を身につける必要がある。新聞や雑誌なども読み、自分の考えをもつことも重要。これからの子供たちに求められる力を踏まえて出題した」と話している。

・・・「読む・聞く・書く・話す」の四技能については、繰り返し繰り返し強調されていますが、本来常識ある成人であれば当然身につけておく基礎的な力です。それを殊更に強調せざるを得ないほど、教育への危機感があるということです。

国際競争力のあるグローバルな人材育成を図りたい、と文部科学省は夢見ているようですが、一朝一夕にはことは進みません。昔から、「教育は国家百年の大計」と言われるように、他の欧米先進国に合わせる前に、日本人としての矜持を保つ人材育成を図るべきではないでしょうか。

その為にも、先ずはしっかりした家庭教育から始まります。

尚、実際の問題については下記サイトへ

国立教育政策研究所 平成31年度全国学力・学習状況調査の調査問題・正答例・解説資料についてhttp://www.nier.go.jp/19chousa/19chousa.htm

posted by at 08:10  |  塾長blog

真新しいランドセルや制服
進級した喜び。
そして新しいステージへ。
羅針塾の春は賑やかな毎日です。

幼児教室では今までとは異なるカリキュラムで
一年を進め出しています。
しっかりと力をつけるためのカリキュラム。

小学生からは、苦手をとことん追求。
これでも?ここまで?という追求のしかです。
できるようになる喜びと
毎日、学校の授業でなるほど!と言えるように。

「ハキハキ!元気!賢い子」

どこにもない。ここまでしない。というのを
羅針塾ではこだわって行なっています。
羅針塾でしか出来ない学び。
ここで学ぶことによって
未来につなぐ学びを取り組ませていきます。

今年度の一人一人の成長を楽しみにしている
「春」です。

 

posted by at 14:46  |  学習塾 幼児教室blog

今年の春は、平成から令和への歴史的な「御代替わり」を寿(ことほ)ぐかのように、櫻を四月中旬まで楽しむことが出来ました。筆者は、春期講習後、塾生さん達の「学業成就」を祈願しに神宮(じんぐう;伊勢神宮のこと)へ参詣いたしました。

神宮には、いわゆる外宮(げくう)と呼ばれる豊受大神宮(とようけだいじんぐう)https://www.isejingu.or.jp/about/geku/index.html

内宮(ないくう)と呼ばれる皇大神宮(こうたいじんぐう)https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/index.htmlがあります。

およそ二千年前、垂仁天皇の御代から五十鈴川のほとりに鎮まります皇大神宮(こうたいじんぐう)は皇室の御祖先であり、我々国民から総氏神のように崇められる天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りしています。豊受大御神は内宮の天照大御神のお食事を司る御饌都神(みけつかみ)であり、衣食住、産業の守り神としても崇敬されています。

下の写真は、内宮の入り口に当たる宇治橋前の鳥居(早朝参拝時、往路:一枚目)

復路の宇治橋前後の鳥居(写真中央の宇治橋の先の鳥居が上記鳥居を反対側から見たもの:二枚目)

本年五月一日に元号が令和となります。三十一年目となっていた平成も間も無く幕を閉じます。

posted by at 22:47  |  塾長blog

通塾しない日は勉強しないんですよね。
宿題に取り掛かるのも遅くて・・・
よく聞く話です。

先生達は「継続は力」だと
いつも考えています。
毎日、学校の宿題の他に何かをする。
自分自身の力を高めたいなら当たり前のことだと
思っています。
音読や漢字や計算
好きな本を読んで調べてみたりと
取り組むことはたくさんあるはず。
学ぶことは一日も休まずだと考えています。

小学校受験や中学校受験をするのに
休日になると一日中遊んで
なあんにもしなかった。
これでは合格はできません。
通塾日だけ勉強すればいい。
いえいえ、みんなしっかり毎日やっています。
コツコツと毎日。

学校でトップにいる子は
常に何かに取り組んでいます。
やり続ける。
大事なことなのです。

「ハキハキ!元気!賢い子」

羅針塾の塾生さんには通塾日以外の
宿題は出しませんがテーマは提示します。
「漢検」に向かって。
「受験」に向かって。
「定期試験」に向かって。
「成績を上げるために」と
学校の宿題以外に取り組むべきことは
自分自身で考えて欲しい。
だからこそ、一人一人とよく話し
次はこのステップにいきますよ。と伝えます。
しっかりと理解できる子は自宅で実践しているようです。
この結果は試験や通知表にしっかりと現れています。

ただただ問題を解くのではなく、
何が今、必要なのかを考えて学ぶ。
賢くなるということは
こんなことなのかもしれません。

 

桜もソメイヨシノから八重桜へと初夏に向かっていきます。

 

posted by at 17:59  |  学習塾 幼児教室blog

散らかしたら散らかっしぱなし。
いつも親子ゲンカです。
忘れ物が多くて・・・と悩むお母様も多いはず。
塾長がこんな相談を受けると
私に聞けばいい。と振るそうです。が
実際のところザクっとした片付け方法しか知りません。
いくつかルールは決めていますが。

「学校プリントを出すタイミングを決める。」
お迎え時に声をかける。
夕ご飯前に声を掛ける。
朝一にプリントの声かけをする。
(年齢、学年等で異なると思います。理解している親が
毎日一定の時に声をかけていました。)

「おもちゃは最小限」「本も最小限」
お気に入りを最小限しか出さない。
おもちゃは飽きたら他のものへチェンジ。
(年齢とともに遊ぶものは変わります)
本も本棚は部屋の一番奥へ。読みたいものは
三冊づつ持ってくる。
(それでも本は図書館から借りてくれば部屋に山積みなあんてことも)

「しまう場所を同じところへ」
体操服、絵の具道具、習字道具、リコーダー
工作道具
(袋に入れて同じ場所にしまう。洗濯物を片付ける時
気をつけていました。)

「ハサミ、テープ、ペンは決められた場所へ」
2箇所に1組づつを置いていました。
思いついた時に、名前書き、テープで修正
工作の続きをその場でできるように。

忙しく働く時にどうしたら叱らなくていいか?
考えた末の策です。
プリント提出は、どんなに機嫌が悪くても
出す時が決まっているから子供も親も楽。
余計なバトルをせずに見れます。

スムーズに片付けができる子なんていません。
何か工夫が必要だと思うのです。
いつまでも親の手を貸すわけにはいきません。
何をすれば自立につながるか?
考えて生活する時、片付けができない子ではなく
片付けができるように育てていくのが大切なのだと
感じています。

「ハキハキ!元気!賢い子」

羅針塾は塾生一人一人の専用教材ボックスが
あります。
観ながらこの子はこんなかな?と感じることができるし
なるほどやっぱりね。と思うこともあります。
片付けをし、その後忘れ物がないように管理できる子は
賢い子へと成長していくように思います。

posted by at 16:21  |  学習塾 幼児教室blog
さらに記事を表示する

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP