羅針塾の幼児教室は受験をするか?しないか?で差別はしません。
御縁する小学校に入学する時、トップクラスになるように。と
準備を進めていきます。

読むこと。書くこと。考えること。
一つ一つを確実に、丁寧に仕上げていきます。
その後どうでしょうか?
やっぱり余裕の学び。トップの学びなのです。

御家庭の教育方針が一番と考えている羅針塾。
「受験」と一括りにしたくはないと思っています。
たくさんのリクエストの中に、小学校受験は考えていないけれど
やっぱりしっかり学び理解してもらいたい。
少しでも未来のある学びへ。
お母様の思いから幼児期から通塾してくださる御家庭が
多いのも羅針塾の特徴と考えています。

「ハキハキ!元気!賢い子」
羅針塾の幼児さんは本当に良く考え
しっかりと受け答えをする賢い幼児さん達です。
答えに芯があります。
これは、お母様の思いから。
御家庭の思いからです。
『思考力・判断力・行動力』
国が掲げる学びを幼児さん達が
良く理解し学んでいます。
羅針塾の学びは賢くなる子の学びです。

posted by at 17:54  |  学習塾 幼児教室blog

羅針塾の幼児さん達は、一人で考えます。
物を使ったり、見方を変えたり、手を動かして。
年少さんでも、年中さんでも、年長さんでもです。

学び出した時は、先生の顔色を見たりして
「答えを教えて〜」と訴えかける目で見つめてきます。
ヒントは段々と出すけれど、一人でやり遂げる。
一番大事なことです。
お母様が迎えに来ると「フェ〜ン・・・」と
泣き出す幼児さんもいたり・・
しかし、お母様が辛抱強いですね。
「最後まで頑張りなさい。」ビッシッ!!

毎回毎回、一段づつ小さな階段を上るうちに
成長します。そのうちお母様がお迎えに来ても
「あ〜っ!来るの早いって!ちょっと待ってて」と
いつの間にかおしゃべりも上手になっています。
お母様も「はあ〜い」ってのんびりモードです。

自信がないから顔色をうかがう。
当たり前のことですね。
結果、間違っていても最後までやり遂げる。
前向きに素直に取り組む時
幼児さんの能力は開花します。

「ハキハキ!元気!賢い子」

どんな時もしっかりと最後まで取り組む。
できない・・・と固まってしまっては
何も進みません。
受験日が近くなっても焦ることなく
丁寧に最後まで。
一所懸命にしっかりと考えることができるようになる時
賢さがキラッと光だします。

posted by at 08:51  |  学習塾 幼児教室blog

幼児教育の要諦は、学ぶときには真剣に、且つ集中して取り組ませることです。幼いから無理に取り組むことはないのでは、という考え方もありますが、これは返って将来に禍根を残します。つまり、幼児期に真剣且つ集中して取り組まないと、では小学校に上がってから急に取り組めますか、ということです。そして幼児期に褒められることだけを経験してしまうと、小学校で指示に従えない、嫌なことに取り組まない、となりかねません。

漢字を単調に繰り返し書くという愚を矯正することの大事さを示しているメルマガの記事がありましたので、引用してご紹介します。

「 本気になると脳の働きが変わる 」 陰山 英男先生(陰山ラボ代表)
(致知出版社の人間力メルマガ 2018.11.7 『致知』2018年11月号)

読み書き計算の徹底反復によって子供たちの能力向上を図ってきた陰山英男さん。今回は、漢字学習の新たなメソッドについてお話しいただきました。

ーーーーーーーーーーー

また最近分かったのは、書き写しが子供たちの学力を非常に高めるということです。

きっかけは漢字の書き取りでした。

漢字学習は「何回書きなさい」と書き取りをするのが普通ですが、それだと逆に子供は漢字を覚えません。
回数をこなすことが目的になってしまい、頭を働かせず鉛筆だけ動かすようになるからです。

漢字の勉強で最も効果的なのは何かというと、お手本をよく見てきちっと書き写すことなのです。

これは文字の観察に繋がり、偏や旁、とめ・はね・はらいをしっかり身につけることができます。
同時に分かってきたのは、1文字5秒以内、画数が少なければ3秒以内に書けない漢字は、覚えたことにはならないということです。

昨年12月に新潟県糸魚川市のある小学校に漢字指導に行きました。3年生の男子で、漢字テストで30点以上とったことがないという子がいました。

私は黒板に漢字を4文字書いて、みんなに書かせてみました。
その子は全く書けません。ようやく書いた字も形になっていませんでした。

私はその子が一所懸命書いた漢字を消しゴムで消しました。

「何すんねん」と言うので、「間違った字を書いたら消すのは当然だろう。正しく書けば次に行かせてあげる」と書き直させました。
しかし、書き直した字をまた消しました。
「ちゃんと書いたやないか」と文句を言うので、「そんなトロトロ書いたのは書いたうちに入らないよ」と、また書き直させる。

7、8回繰り返してようやく書けるようになったので2文字目に行くと、今度は3、4回で書けました。
お手本通り書かないと消されるので、よく字を観察して書いていました。

それでコツを掴んで3文字目、4文字目はより速く正確に書けるようになりました。

実はこの時、その子の中で瞬間的に重要なことが起きていました。
何かというと、速く書くことに夢中になって漢字が苦手だということを忘れていたのです。
低学年は別ですが、中高学年になると自分が駄目だと思い込むと頭が働きません。

だから、できない子を伸ばす第一条件は学習に夢中にさせて、できないという気持ちを忘れさせることなのです。

その子が4文字書けたのを見て、すぐに漢字テストをしました。
8人の児童のうち、彼は3番目に書き終わりました。全問正解です。私が「君は漢字大好き少年に変わったね」と茶化すと、「ほんまや」と嬉しそうでした。

そして翌日の漢字テストで、彼は100点をとりました。

本気で学習すると子供の脳の働きが活発になって劇的に学力が向上するのです。やり方を工夫すれば、一瞬でレベルアップできることも分かりました。
必要なのは、簡単なことを本気になってやること。

音読、漢字、百ます計算は最適の学習法だったのです。

・・・子供たちの指導の要諦は、いつの時代も変わりません。一所懸命に取り組む習慣をつけてあげることです。

posted by at 09:29  |  塾長blog

人は可愛い赤ちゃんに接すると、つい幼児語を使ってしまいそうになります。ところが、接するたびに繰り返されると、この赤ちゃんにとっては知的成長を阻害されてしまうことになりかねません。

石井勲先生著作「0歳から始める脳内開発ー石井式漢字教育」の「第四章 『漢字を教えない』のが漢字教育の基本」に、「幼児語は使わないほうがいい」という項目があります。引用してご紹介します。

幼児語は使わないほうがいい

 幼児に話しかけるとき、つい幼児語を使ってしまうことが多いもので す。どうしても幼児語というのはかわいらしく聞こえるので、つい大人の ほうがそれを使って話しかけてしまいがちです。しかし、言葉は最初が 肝心です。幼児語を使うことは避けてください。

幼児は「さしすせそ」と「らりるれろ」が発音しにくく、「さ」は「だ」に、 「ら」は「だ」になりがちです。これはまだ正しい発音ができないのです から直そうとしてはいけません。

しかし、だからといって、親までが幼児語でしゃべっていれば、それ が正しいと思って記憶されてしまう危険があります。結局、また直さなけ ればならないのですから、最初からきちんと話したほうがいいでしょう。

幼児は最初は「ダジオ(ラジオ)」でもいいのです。でも、親は「ラジ オ」と言いましょう。子どもは親の真似をします。真似ながら学習してい きますから、そのうちにその発音の違いに気づき自然と正しく言えるよ うになります。いいお手本を見せていれば、子どもはそれを取り入れよ うとするのです。

初めはきちんとしゃべれなくても、親の言葉づかいをしっかり聞いて いますから、すぐちゃんと発音できるようになります。幼児のこうした能力には目を見張るものがありますから、親もそういうことを踏まえて話し てやることが大切です。

ポイント:大切なことは、あくまでも赤ちゃんの頭を使わせるということで す。頭を使うということが頭をよくすることなのですから、どの字 が読めてどの字が読めなかったということは問題にする必要は ないわけです。

・・・「三つ子の魂百まで」は至言です。赤ちゃんの目を見ていると、話せないからわかっていないのではなく、逆に全てを見通すかのような透徹な眼差しが有ります。親や大人たちの会話やその場の空気を全て見通しています。赤ちゃんや幼児さんの前で何を語るかはとても大事です。

posted by at 09:00  |  塾長blog

大人を困らせるような質問をする子供さんは周りに居ますか。

日本人は聡い民族のせいなのか、大人が人にものを尋ねることが少ないようです。ところが、幼児期のあどけない頃は人に遠慮する必要がありませんから、「何故?」を連発します。それに親が真摯に向き合うか否かで、その後の知的成長の度合いが異なってきます。

石井勲先生著作「0歳から始める脳内開発ー石井式漢字教育」の「第四章 『漢字を教えない』のが漢字教育の基本」に、「幼児の「なぜ」には必ず答えてやる」という項目があります。引用してご紹介します。

幼児の「なぜ」には必ず答えてやる

 いざ漢字を教えてみると、本当に覚えたかどうかがどうしても気にな ります。いくら脳を活発化させるとはいっても、どこまでわかったのか、 親は気になるものです。

まだ言葉の発音が完全にできない時期でも、親が「目」という漢字を 示せば赤ちゃんは目に手をやるようになります。「耳」を示せば耳を触 るでしょう。

こういうことをするようになれば、その漢字の意味は理解できたと言え ます。しかし、それが漢字教育の目的ではありません。漢字で脳を活性 化するのが目的です。頭を使うことが頭を良くすることなのですから、ど の漢字がわかってどの漢字がわからなかったということは、あまり神経 質になる必要はないのです。

教える漢字の数にしても、言葉がしゃべれない幼児のうちは、あまり 数を増やさなくてもいいのです。実際に言葉が発せられるようになっ たら、子どもの反応を確かめながら、数を増やしていけばいいのです。

言葉がしゃべれるようになってくると、幼児は知識欲が旺盛になって きます。

「これ、なあに?」と質問を矢のように投げかけてきます。

この質問にはきちんと答えてやりましょう。忙しいから、とこれをおろ そかにすると、幼児は質問をしないようになります。

ただし、勘違いしてはいけないのは、幼児が欲しないことはそのまま にしておくことです。知りたくないときに無理やり教え込めば、これは消 化不良になって逆効果です。子どもの欲することにだけに答える、とい うことを母親はとくに認識しておいたほうがよいでしょう。

・・・「口出し」をしないというのは、親に限らず人との付き合いの基本です。ところが、親子という関係故に、つい我が子には「口出し」をしてしまいがちです。それは、子供を一廉(ひとかど)の人にしなければならないという親の義務感がそうさせるのですが。

posted by at 09:00  |  塾長blog
さらに記事を表示する

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP