英語と歴史を同時に学ぶ 「史実を世界に発信する会」の英訳教科書 21

長崎市五島町にある羅針塾 学習塾・幼児教室 http://rashinjyuku.com/wp では、夏休み期間中の塾生の海・山・旅の体験談を聞かせて貰うことがあります。子供の頃の体験は新鮮です。長じてからも、ふとした時に思い出すような様々な経験を沢山して欲しいものです。

唐比の水蓮

八月九日は長崎の原爆忌です。

昭和二〇年八月六日の広島に続いて、人類史上最悪の戦争犯罪が行われた日です。長崎では、夏休み期間中の小・中学校の登校日で所謂「平和教育」が毎年繰り返されます。

さて、「英語と歴史を同時に学ぶ」シリーズから、「もっと知りたいコラム」をご紹介です。(『新しい歴史教科書』(新版・中学社会)(自由社)英訳シリーズ その11)http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Chapter-5-Section-2.pdf

I WANT TO KNOW MORE ABOUT… The International Laws of War and War Crimes

Approaches to the international laws of war

Throughout our long history, human societies never stopped waging wars against one another due to conflicting national or ethnic interests, and these wars always occasioned horrible atrocities. Consequently, the idea came about to set international standards on how wars could legally be conducted. These rules are known as the international laws of war. One of the most influential treaties on the international laws of war was the Hague Land War Convention, signed in the Netherlands in 1907 (Meiji 40).

The killing or wounding of non-combatant civilians and mistreatment of soldiers taken prisoner are designated as war crimes and therefore illegal under the international laws of war. In addition, it is prohibited to arm civilians and have them participate in fighting without military uniforms. If non-uniformed combatants are captured, it is permissible to punish and even execute them as spies or guerrillas following legal proceedings.

The greatest war crime of the twentieth century

Unarmed civilians were targeted and slaughtered en masse in both the Battle of Okinawa and the indiscriminate bombing of major Japanese cities. It has been said that even one of the US B-29 pilots had questioned his commanding officer about whether the proposed Great Tokyo Air Raid of March 10, 1945 (Showa 20), was a violation of international law. During this attack, 100,000 people were burned alive in a single night. As for the atomic bombings, the number of people killed totaled over 200,000 in Hiroshima and over 70,000 in Nagasaki, and these victims were ordinary citizens. Whether measured by their human or material devastation, the atomic bombings could be fairly described as the greatest war crimes of the twentieth century.

The Siberian Internment

On August 9, Soviet forces overran Manchuria and Sakhalin in violation of the Japanese-Soviet Non-Aggression Pact. They were responsible for innumerable incidents of pillage, murder, and rape against Japanese civilians. Even after Japan’s surrender, the Soviet invasion continued. It was in September that the USSR completed its conquest of the Northern Territories, an integral part of Japan. What’s more, though the Potsdam Declaration stipulated that all Japanese prisoners were to be repatriated in short order, the USSR blatantly disregarded this condition and transported more than 600,000 Japanese civilians and POWs to sites in Siberia where they were made to do brutally hard labor and denied adequate meals. Among those Japanese interned in Siberia, the officially recorded deaths alone exceeded 60,000 people.

Because the Allied Powers were the victors of the war, none of their war crimes were prosecuted.

The war crimes of the Japanese military

The Japanese military was also responsible for the mistreatment and unlawful killing of captured enemy soldiers and unarmed civilians within the areas it occupied over the course of the war. The Allied Powers dealt severely with Japanese war criminals, sentencing nearly one thousand of them to death. However, there were some cases of Japanese soldiers having been wrongfully convicted and executed for crimes that they had not committed.

 

もっと知りたいコラム

戦時国際法と戦争犯罪

● 戦時国際法の考え方

人類は長い歴史の中で国家や民族の利害の衝突から、絶え間なく戦争をしてきたし、残酷な出来事も絶えませんでした。そこで、戦争のやり方を国際的に決めようという考えが生まれました。このルールを戦時国際法と言います。1907(明治40)年にオランダで締結されたハーグ陸戦法規は、そのルールの代表例です。

戦時国際法では、戦闘員以外の民間人を殺傷したり、捕虜となった兵士を虐待することは、戦争犯罪として禁止されました。一方、軍服を着ていない者に武器を持たせたり、戦闘に参加させることは禁じられ、それを捕らえた側には、一定の手続きの後、スパイやゲリラとして処刑することも認められていました。

● 20世紀最大の戦争犯罪

沖縄戦でも、本土の大都市への無差別爆撃でも、非武装の民間人が標的にされて大量に殺害されました。1945(昭和20)年3月10日の東京大空襲の攻撃命令を受けたB29のアメリカ人パイロットは、「それは戦時国際法違反ではないか」と司令官に問い質したと言われています。東京大空襲では、一夜にして10万人が焼け死にました。原爆投下による死者は、広島で約20万人以上、長崎では約7万人以上で、その犠牲者は一般市民でした。原爆投下は、その被害の規模においても、20世紀最大の戦争犯罪と言えるでしょう。

● シベリア抑留

8月9日、ソ連は日本との中立条約を破って、満州・樺太に侵攻し、日本の民間人に対して略奪、暴行、殺害を繰り返しました。ソ連は日本の降伏後も侵攻をやめず、日本固有の北方領土の占領を終えたときには、既に9月になっていました。更に、捕虜は即座に帰国させるとしたポツダム宣言の規定に違反して、捕虜を含む60万人以上の日本人をシベリアなど各地に連行し、満足な食事も与えないまま残酷な強制労働に従事させました。そのためにわかっているだけで6万人以上の日本人が死亡しました。

これら戦争の勝者である連合国側の戦争犯罪は、一切、裁かれることはありませんでした。

● 日本軍の戦争犯罪

日本軍も戦争中に侵攻した地域で捕虜となった敵国の兵士や非武装の民間人に対し、不当な殺害や虐待を行ったこともありました。連合国軍は、日本軍の犯した戦争犯罪を厳しく裁き、1000人に近い人が処刑されました。その中には無実でありながら、誤った判決で処刑された人もいます。

 

・・・一般に、小・中学校の授業では、戦争について先生方が客観的な解説をすることはありません。日本史などで、「戦さ」「乱」について教科書に記載があれば、サラッと述べる程度です。しかし、現実の世界を見渡せば、現在も世界各地で戦争や紛争が進行しています。子供達に、国際政治の現実を知らしめないことが是か非かは、各家庭の親御さんが決めることです。

客観的な事実を見極めることはなかなか難しいものです。しかし、ある事実について、立場の違いで意見や考え方が大きく異なってくるということを教えることは、子供達の論理的な理解を深める意味でも大事なことではないでしょうか。

posted by at 07:44  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP