出来ないが出来るように

「変わりましたね。」「男の子らしくなってきましたね。」と
保育園の先生方に褒められました。とお母様。

入塾しだしたときは、殆ど読めない。
会話が成立していないから
話すこと、伝えることができない。
春には一年生になるのにね。大丈夫状態からの
スタートでした。

「今まで、子供に向き合いたくても
なかなかできませんでした。できなかった。は
やらなかったとしか言えませんね。
とにかく、頑張ります。」と気合いを入れてくださった
お母様。毎日よく辛抱しました。

今では、しっかりと聞き、読み、観て、考える。
そしてしっかりと書く。
丁寧に集中して向き合う姿は大したものです。
「出来ない」を「出来るようになるまで」
辛抱強く待ってくださったお母様が
子供の一番の理解者。
これからの成長が更に楽しみです。

「ハキハキ!元気!賢い子」

子供達ができるようになるまでは
本当に時間がかかります。
その時間の中に成長のドラマが隠されています。
この笑ったり、泣いたり、立ち向かったりする姿を
子供のために!と辛抱し共有してくださる
お母様達。子育ての一番いいところではないでしょうか。

子供は慣れて楽しくなってくると
早いものです。
好奇心旺盛な子供達
出来ないことが出来るようになる時
なんとも言えないいい笑顔をします。
この一瞬、一瞬が成長の証だと考えます。

秋〜肉まんが美味しい季節になりました。
ありがとうございました。感謝!

posted by at 19:08  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP