「羅針塾にいる我が子と幼稚園んで見る我が子では
全く異なります。」
「良く考えて話すようになりました。」
羅針塾の学びは異学年での学び。
どの子も下級生にはカッコ良く見せたい。
上級生のようになりたい。と考えるから
ピシッつ!とした姿勢になります。
私達が口やかましく言わなくても・・・なので
本当にいい傾向だと思っています。

一つ一つを丁寧に考えて学ぶことは
その後の学びに繋がっていきます。
「この前のアレですね。」と学びの結びつけが
自然とできるようになっていくのです。

一人一人がしっかりと読み考え導いていく。
自立の学びが羅針塾のやり方です。

「ハキハキ!元気!賢い子」

「ご飯前や後に自分自身で読んで覚えていました。」
と幼児さんのお母様。
自立の学びは幼児さんでもできます。
「少しやってみる?」と聞いてみると
大喜びで「やる〜っ」って
学ぶことが楽しい。
わかることが面白い。
学ぶことが生活することにつながり
未来の自分の姿になってくれたらと
思っています。
一人一人の可能性のために。
羅針塾の学びがあります。

 

posted by at 21:48  |  学習塾 幼児教室blog

年明けからの漢字検定
そして今日、算数・数学検定が終了いたしました。
音・訓の使い方。
熟語の意味や成り立ち。
学年を追うごとに難易度が上がる計算や図形
しっかりと読み込みが必要な文章問題。
やはり日々の学びの積み重ねが結果として出てきているようです。

幼児期からの聴くこと、読むことの大切さ
図形などの物の見方
指示を聞いて何が必要かを判断する力
話す「言葉」「熟語」の意味。
幼児期から訓練し鍛えている塾生さんは
小学生から学んでいる塾生さんと差が
あります。
検定試験の為の学びではなく
一つ一つの学びが裾野を広げて様々な分野に
活用されていると感じました。

検定試験という特殊で一定期間の学び。
その中で時間内に効率よく何を吸収していくか。
日々の学びにどのように結びつけていくか。
小学生からの単なる問題を解き、書き取りを行う学びではなく
幼児期からの積み重ねの学びが
未来への学びへそのまま反映されています。

「ハキハキ!元気!賢い子」

今回も年中さんから高校生まで
様々なレベルにチャレンジ!です。
試験時間が必ずありますから緊張するのは
誰しも。です。
大きく深呼吸をして、丁寧に読み解いていく
一つ一つを確実に行う塾生さん達が「合格」と
なります。
どんな場所でもどんな時でもです。
「毎回」を同じように取り組むことが出来るようになると
各年代での受験、各種試験や、社会人になったときにも
緊張に打ち勝ち学んだ結果を成果として出すことができます。

posted by at 18:39  |  学習塾 幼児教室blog

週末の通塾生に行った「学年を超えたバトル!」
国語力を高めるための学びを行いました。
この中には、聞き取ることの大切さ、
時間内の集中力、
確実な理解力、作業能力、的確な判断力などを
先生達は見極めていました。

結果は幼児期から御縁ある小学一年生がトップ!
「なるほどね〜」と納得です。
思い込みや何となくではなく
先生達が話しているときにしっかりと聞き逃さないように
耳を傾けます。
「質問は?」と聞かれた時に
何が分からないかを的確に質問。
「はじめ!」とスタートしたら
「お兄ちゃん、お姉ちゃんには負けないよ!」と
誰よりも集中です。

いろんなタイプの塾生がいるので
これが一番!とは言えません。
ただ、トップで勝ち残っていく資質は
今回の一番は充分にあります。

「ハキハキ!元気!賢い子」

何処でスイッチが入り、何処で花が開くかは分かりません。
それまでは保護者の方々の辛抱が必要です。
先生達はそこを見極めて一人一人に
必要な学びを取り組ませていきます。
けれども常々、先生達が
「幼児期の学びがとても大事。ここでの学びは
トップになるための学びの基礎を
しっかり磨いています。」とお話しする結果が
しっかりと現れています。
幼児期の丁寧に確実な学びは
その後、就学してから学ぶ力の基本基礎。
しっかりと観て聴いて、じっくりと考える
的確な判断を行う。
要点をまとめてハキハキ!と話し書く。
これから、世界に向かって可能性を広げるための
賢い子の学びなのです。

塾生さんに聞きました。
これはなあに?
何だろ〜 知らんし。って。
お母様に聴いて観てくださいね。

posted by at 19:07  |  学習塾 幼児教室blog

分からない!と言って「ハイハイ」とは教えません。
基本に戻って考える。羅針塾のやり方です。
春から小学一年生がカタカナを忘れました。
「調べよう!」
小学校高学年が、算数の問題が分からない。
「教科書を読んでみよう!」

その中で個人のレベルによって
何処で手助けをすべきかを見極めています。
分からない時は学年を下がってでも丁寧に復習をする。

「考えて解きなさい!」

口では簡単にいうけれど、結構難しいことなのです。
考えずに取り組んだ子達には。
軌道を時間をかけて修正し一つづつ完全解答まで結びつけて
いきます。

考える力を鍛える。
難しいことなのですが
時間とやり方を間違えなければ、意外と簡単にできるのです。

「ハキハキ!元気!賢い子」

今日は何を食べた?
今日は何が楽しかった?
何が面白かった?
嫌なことはない?

一人一人に合わせた質問をする時。
的確な答えが返ってくるとき。
考える力が研ぎ澄まさられているのだと
感じます。

一日の流れの質問から
一人一人の賢さを確かめ、磨いていきます。
考える力を磨く。
五感すべてを研ぎ澄ませて日々を送れる子へ。
一教科の練習問題よりも大事で
生きていく上で大切だと考える先生達です。

手作りの美味しい飴。
このセレクトは唸りました。
美味しかった!

posted by at 18:41  |  学習塾 幼児教室blog

日本人が外国語を学ぶときに、発音に苦労すると一般に言われています。その理由の一端を指摘するお話がありますのでご紹介します。

石井勲先生著作「0歳から始める脳内開発ー石井式漢字教育」の「第五章 お父さんとお母さんのための漢字の常識」に、「日本語は世界一音韻が少ない」「日本人は音韻を区別できない」からの引用です。

日本語と中国語とは、言葉の世界の両極端だということも言っておき たいと思います。

よく日本語と中国語は同じ漢字を使っているから、言葉も近い関係に あるだろうと思っていますが、世界の言語の中で、日本語と中国語とは まったく性質を異にする言葉なのです。

日本語の足りないところを中国語によって完全に補うことができたこと が、日本語を素晴らしいものにした最大の要因です。

中国語と日本語が似たような言葉であったら、日本語に対してあまり 役には立たなかったでしょう。あまりにも性格が違っていたために、日 本語の欠点が中国語によって完全に捕われたのです。

どういうところが両極端かといいますと、まず言葉の基本になる音韻 の単位が、世界でいちばん少ないのが日本語であって、逆にいちば ん多いのが中国語です。日本語には同音異義語が相当ありますが、中 国語ではそれをすべて異った音で言い分けているのです。世界中に 民族が数え切れないほど、それらの民族のもっている言葉の音韻とい うのは、中国語よりは少なくて、日本語よりは多いのです。

ですから、日本語と中国語の間に世界中の言葉がすべて入ってしまうのです。私の知る限りでは、日本語ほど音韻の少ないものはありませ ん。

日本語は、アルファベットならわずか19個の文字ですべて表すこと ができます。全部使う必要はありません。ローマ字では「ラリルレロ」に あたるものには、「R」「L」のついたものがありますが、日本語を話す場 合にはどちらかを使えば一方はいらなくなってしまいます。「C」は「K」 か「S」のどちらかでいいし、「X」はもちろん必要ありません。

こういうふうにしてしまうと、日本語をローマ字で書くと、19個の文字だ けで完全に表記でき、発音はそれ以外にないのです。こんなに少ない 民族はありません。これが日本語の大きな欠点です。欠点であるけれ ども、一方では長所と見ることもできます。

つまり、日本語くらいどんな言い方をしても正しく伝わる言葉はありま せん。ところが音韻が少ないために、日本人の耳ははっきりしたわずか の音韻しか聞き分けることができない耳になってしまいました。

音韻を聞き分ける聴力というのは、幼児期につくられます。ですから 大人になって外国語を学ぼうとしても、とくに音韻の多い中国語は日本 人には不可能といっていいくらい困難です。

私は青年期に六年間中国語を学習しましたが、結局ものにはなりま せんでした。耳がどうしてもついていけないのです。

中国語は1644種類の基本的な音韻をもっています。日本語は百いく つかで間に合います。中国ではその発音を聞き分ける耳を、幼児期か ら養っているのです。

ですから中国人の耳というのは私たちの耳とは全然違います。中国 人は英語を学んでもドイツ語を学んでも、実に見事に聞き、しゃべりま す。これは聞き分ける耳が発達しているからです。

では、音韻の少ない日本人ではどうしたらいいかというと、これは耳 の発達する幼児期に、外国語の豊かな音韻を耳から入れるしか方法は ありません。耳さえつくっておけば、大人になってから外国語を学ぶ必要が生じたときに、きっと役に立ちます。

・・・「中国語は1644種類の基本的な音韻をもっています。日本語は百いく つかで間に合います。」という事実を考えると、日本人が外国語をマスターするには、そもそも音韻(言語音の機能と体系・構造)の壁があるということです。平たく言いますと、幼児期に日本語環境にいる限り、日本語より音韻の多い外国語は、発音をネイティヴのようにすることは非常に難しい、ということになります。

発音に苦労するのは、日本語の音韻の少なさにあると考えれば、かえってスッキリします。

日本人が外国人とコミュニケーションをとるには、結果として比較的発音のしやすい英語に頼らざるを得ないとも言えるかもしれません。

 

 

さらに記事を表示する

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP