丁寧に育てる≒手をかけすぎ

長崎市五島町にある
難関大学・医学部を目指す
幼児教室 学習塾
羅針塾です

「丁寧に育てているので、どうしても子育てに甘いところがあるかもしれません。」
と、お母様
この場合のほとんどが
「丁寧」ではなく
「手をかけすぎ」の子育てです。

子供は何をするにも待っている状態
親が靴下を履かせ、靴を履かせ
上着を脱がせ、水筒を掛けさせ・・・

何でも親頼みの子供達は
他人の私達に同様なことを
要求してきます

これでは、
自立していく子供とは言えません

全てが練習中で構わない
しかし、「自我」がしっかりと出てくる時期に
自分自身で諦めずに取り組むことが
できるようにしないといけません

「自分で、できるようになったね!」は
成長の証

子供の成長を止めているのは
親であることを早く自覚し
何でも自分でやろうね。と
一緒に取り組んでほしいと思っています

「賢い子」になるために
親が何事も手を貸してあげると
子供はずーっと赤ちゃん状態のまま
それで、いいのかな?と思います
勉強は自分自身で取り組むもの
生活の一部なのです

「本物のトップ!」になるために
自立している小中学生は
自分のことはもちろん
自分の意思もはっきりと伝えていきます
自立は自律
これができて初めて自分自身で
学ぶことができると考えています。

posted by at 19:23  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP

新着ブログ

  1. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  2. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  3. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  4. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  5. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…

月別アーカイブ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter