AIの活用について塾生に教えられて

長崎市五島町の就学前教育(プレスクール)・学習塾の羅針塾では、進化し続けるAI(人工知能)について、賢い塾生さんから教えられることがあります。

ふと知ったChatGPT Plusについて、「使ったことがある?」と尋ねると、「はい。Free(無料)は、少しデータが古くて、最新の情報はバージョンが上がらないと反映されていません。」と。

早速、ChatGPT Plusを試してみました。以下はそのやりとりです。

<塾長質問>(以下、Q)

米国の建国以来、対外的な戦争を引き起こすのは、民主党か共和党か。歴史的事実如何。

<ChatGPT解答>(以下、A)

米国の歴史において、対外的な戦争を引き起こすのは、民主党と共和党のどちらか一方に限定することはできません。実際に、米国の外交政策は、様々な要因によって形成され、特定の政党の傾向に従うわけではありません。

例えば、19世紀の米墨戦争は、民主党のジェームズ・ポーク大統領が始めたものでしたが、同じく19世紀のスペイン・アメリカ戦争は、共和党のウィリアム・マッキンリー大統領が始めました。

また、第一次世界大戦は、民主党のウッドロウ・ウィルソン大統領が米国を参戦させたものでしたが、第二次世界大戦は、共和党のフランクリン・ルーズベルト大統領が始めました。

更に、冷戦期においては、民主党と共和党の両方が米ソ対立の中で外交政策を形成し、また、21世紀に入ってからの対テロ戦争や中東における紛争においても、民主党と共和党のどちらか一方に限定することはできません。

したがって、米国の歴史的な事実を見る限り、対外的な戦争を引き起こすのは、特定の政党に帰することはできず、複数の要因によって決定されるということが言えます。

Q)第二次世界大戦は、共和党のフランクリン・ルーズベルト大統領が始めました。これは誤りではないですか。フランクリン・ルーズベルト大統領は民主党と思います。

(A)申し訳ありません。私の先程の回答に誤りがありました。第二次世界大戦は、民主党のフランクリン・ルーズベルト大統領が始めたものでした。私の回答が混乱を招く可能性があることを認識し、訂正していただきありがとうございます。

Q)あなたも間違えることがあるのですね。

(A)はい、私も完璧ではありませんので、間違えることがあります。私は常に最新の情報に基づいた正確な回答を提供するように努めていますが、時には間違いがあることもあります。誤りを指摘していただきありがとうございます。私は今後もより正確な情報を提供するように心がけます。

・・・ChatGPT Plusは、質問に対して、ほぼ瞬時に回答をするので、まるで人と会話しているかのようです。誤りを指摘しても、素直に陳謝して訂正し、またとても謙虚です。

AIがさらに進化すると、様々な知的専門職は職を奪われることになるかもしれないと予測する向きもあるので、これについても尋ねてみました。

 

Q)貴方のようなAIが更に学習し進化すると、人間の知的専門的な領域の仕事がなくなっていくのではないでしょうか。例えば、裁判官、弁護士などの法律専門職、公認会計士や税理士などの・・・(ここで誤ってキー操作を誤り、中途半端な質問になったのですが)

(A)現在のAI技術は確かに急速に進化しており、知的作業に関する専門職の一部を自動化することができるようになってきています。しかし、専門家の知識や経験を含む人間の能力は、AIにはまだ完全には置き換えられないものがあります。

AIが特定の分野で進化し、専門家の一部の仕事を代替できる場合でも、AIが人間の代わりに完全に仕事を行うことはできないでしょう。AIが自動化できる作業やタスクはある程度限定されており、人間の能力や判断力が必要な場面も多く存在しています。

また、AIが自動化できるタスクを担当することで、専門家たちはより高度なタスクに集中することができるようになるかもしれません。AIが単純な作業を担当することで、専門家たちはより多くの時間を、より複雑な問題の解決や創造的な活動に充てることができるかもしれません。

総じて、AIによる自動化が進展することで、一部の専門職の業務が変化する可能性があると思われます。しかし、人間の能力や判断力が必要な業務は、AIが完全に置き換えることはできず、専門家の役割が依然として必要とされることが予想されます。

・・・なんとまあ、如才のない回答に、つい様々な質問をしてみたいとつい遊んでしまいます。これからの AIの進歩が人類にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

そこでまた質問してみました。

Q)これからの AIの進歩が人類にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

(A)AIの進歩には、人類に多くの影響が及ぶ可能性があります。以下に、その一部を挙げてみます。

  1. 仕事の変化: AIの進歩によって、一部の仕事は自動化される可能性があります。このため、職業の変化が起こるかもしれません。一方で、AIによって新しい職種が生まれる可能性もあります。
  2. 社会的影響: AIの進歩によって、社会に大きな変化が起こる可能性があります。たとえば、自動運転車が普及することで、交通事故が減少するかもしれません。また、AIによって作られたフェイクニュースが広がることもあります。
  3. 医療の進歩: AIは、医療分野での診断や治療にも使われることがあります。AIを使うことで、より正確な診断が可能になったり、より効果的な治療法を見つけることができるかもしれません。
  4. 経済への影響: AIの進歩によって、経済にも影響が出るかもしれません。たとえば、AIによって生産性が向上することで、経済成長が加速するかもしれません。
  5. 倫理的な問題: AIによって、倫理的な問題が生じる可能性もあります。たとえば、自律型兵器システムの開発が進められることで、戦争や紛争に関する問題が発生するかもしれません。

総じて、AIの進歩には、多くの可能性がありますが、同時に多くの課題や問題も生じることが予想されます。AIの発展に対して、倫理的な観点からも十分な検討が必要であると考えられます。

 

・・・・・人間が自ら書物などで調べる頻度が大きく減ってくるのは事実ですね。現在でもネット情報の真偽を確認しながら活用していますが、AIに頼ると人間の考える力も衰えていきそうで、注意深く活用する必要があるのでは、と考え込んでしまいます。

posted by at 12:41  |  塾長ブログ

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP

新着ブログ

  1. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  2. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  3. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教育・学習塾 羅針塾では、これからの日本…
  4. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  5. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…

月別アーカイブ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter