身体が覚えてしまうまで学ぶ

長崎市五島町にある
難関大学・医学部を目指す
就学前教育(プレスクール)
学習塾 羅針塾です

加藤直志氏の
『脳が勝手に記憶する、ユダヤ式英語勉強法』
の一節にこのようなことが書いてありました。
(下記、引用しております)

・「学ぶというのは、繰り返し朗読をして、
繰り返し書き写し、そして繰り返し考えることである」
というユダヤの格言がある。

・繰り返しこそが「記憶の民」の知恵を形作っている。
格言通り、
「音読と反復による暗記練習」が
ユダヤ人の勉強法の最大の特徴だ。

・ユダヤ人は、復習を重視する。
1回でも多く、わかるまで何回も繰り返し学んで
理解することが基本中の基本だ。
この基本にしたがって声に出して勉強し、
ついには諳んじられるくらいに暗記することで、
同じ学びを繰り返す。

(引用終わり)

どうでしょうか?
世界中で活躍するユダヤ人
政界、経済界、など
有名人を挙げたらきりがありません。

幼児期からの学びが
賢くさせていきます。

音読はしなくても・・・・
暗記は不要!
復習より先取りでしょ!!

現代の日本人の真逆の学びを
取り組み続けているユダヤ人
賢くなるのは当たり前だと考えます。

しっかり読み
一つ一つを理解する
理解し、覚えたことを
応用で考え、その先をもっと
深く学んでいく
とても大切なことだと思います。

身体が覚えるまで学ぶ
幼い時に身につけた学びは
就学してから自分自身で
工夫し、自分自身で学ぶ土台になります。

「賢い子」になるために
素読から始まり音読へと繋げていく
幼児期の学びはとても重要です
聞く力、語彙力を養います
音読を間違えずにできる子は
理解が早く、考える力も深いです。

「本物のトップ!」になるために
基本基礎をしっかりと積み重ね
自分自身で学び理解した上で
先取りを行なっていく
学びの一番いい形だと思います
分からないときは、立ち止まって
考え、調べ、戻り
一つ一つを積み重ねる
考え、学ぶときに賢くなり
焦らずに解き切る力をつけていきます。

posted by at 19:22  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP

新着ブログ

  1. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  2. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  3. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  4. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…
  5. 長崎市五島町にある難関大学・医学部を目指す幼児教室 学習塾羅針塾です…

月別アーカイブ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter